« Archives in 8月, 2014

通信高校の就職率

通信高校は、高等学校卒業程度認定試験を合格することは全く違い、高校卒業資格を得ることができます。
高等学校卒業程度認定資格であれば合格することで大学や国家試験の受験資格を得ることが出来ますので、目的あって受験する人が多いのが特徴となっています。
通信高校には卒業資格を得るとが一つの大きな目標となるため、その後の進路も在学中に決めなければなりません。通信高校を卒業したというデメリットは、進路においてなにかあるのでしょうか。


<通信高校の就職率>

通信高校就職率の全国平均は13,1%となっています。全日制が15.4%、定時制が27.1%ですから、そこまで低い数字ではありません。定時制はそもそも働きながら高校を卒業するというものですから、生徒は現時点で働いていたり、卒業後働くことをはじめから目標としている人が殆どで、そのため就職率も高くなっているのです。通信制は全日制と同様に、確固たる進路がはじめから決まっているわけではありません。卒業までに決めるという人も多いでしょう。卒業後進学希望者もいるわけですから、それを考慮すると全日制との間にそれほど大きな違いはないのです。それは社会が通信制を卒業した人たちを認めているということでもあり、通信制卒業は就職に不利とは言えません。