通信高校の必修科目と選択科目

通信高校では、授業で必要な単位が、必修単位と選択単位という2種類に分類されているそうです。大学などと同じような仕組みになっていて、必修単位というのが、卒業するために必須の落とすことができない単位、選択単位は、自分で選ぶ学習という形になっています。


通信高校の選択科目をチェック

通信高校にある選択科目では、芸術科目なども含まれています。もちろん英語や数学などにも選択科目で学習を行うものはありますが、通信高校は選択科目の工夫を行って、生徒が好きなことなどに打ち込んで単位を取れるようにしているといったケースも増加しているそうです。そのため、選択科目で、面白そうだな、と思う科目の多い学校を選ぶというのもポイントになるかもしれませんね。


進学する場合は、選択科目にも落とせないものがあるかも

特に理系や医療系に進む場合に多いのですが、学校によっては入学試験を受験する資格に、選択科目にある生物や化学、数学Ⅱなどを修得していることをあげている学校もあります。これは募集要項など、希望する進学先のことを調べればいいのですが、まだ志望校などもない場合だとしても、将来進みたい道が見えてきたら、担任の先生や進路相談を行っている先生に相談して、選択科目の履修申し込みを行いましょう。

Comments (0)

› No comments yet.

Pingbacks (0)

› No pingbacks yet.