[Sticky]

通信高校で友達作りのチャンスを作ろう

通信高校は自宅で過ごすことが多く、人と接する機会が非常に少ないので友達を作ることは出来ないの?と思っている人も多いと思いますが、それはあなたの行動次第で変わってきますよ。
ずっと家にいて課題をこなしたりしていれば、友達を作るのは難しくなってきます。
でも、行事とかクラブに参加するようにすれば、友達を作れるチャンスが出来ますから、ぜひ行動してみては?


<通信高校は色々な人と交流できます>

通信高校には色々な人が通っていますから、色々な友達を作ることが可能です。
全日制では出会う事が出来ない人達と交流することが出来るので、すごく新鮮だし変わった話を聞けるかもしれません。
人生の先輩などもいますから、何か悩み事を相談して、アドバイスをもらう事もできると思いますよ。
普段だったら関わることのできない人達がいますから、積極的に話しかけるようにしてみましょう。


<何事も経験を>

通信高校に通うと自分の成長につながると言われています。
自立心がついたり自己管理が少しずつ身について来たり、いいことも多いみたいなので実際に通信高校へ通っている人も卒業するころには、以前の自分ではないかもしれないですね。
自分で考えて行動することが多くなるので、しっかりした人間に近づいていきます。
自分らしさを残しつつ、成長していけたらいいですよね。

通信高校の入学金はほぼ無料です

通信高校に通いたいと思っていても、かかる費用で難色を示しているというご両親の方も多くいらっしゃいます。全日制の私立高校では入学金だけで数百万円支払わなければならないといったこともあり、なかなか学校そのものに対して一歩を踏み出せないという状況にもなります。

そこで今回はそんな通信高校の入学金について詳しくご紹介を致します。


<入学金無料が多い通信高校>

通信高校の場合は先生が固定されて授業をすることが無いので、その分入学金は必要なく無料としている学校がとても多く存在しております。授業料は1単位あたりが300円から6,000円くらいなどと金額が大幅に変わりますが、それもスクーリングの回数やイベントの回数にも比例しています。通信高校とはいえ全く学校に顔を出さなくて良いということはありません。週に1回から3回程度スクーリングを行うという学校もあれば、年に数回程度出席して頂く日を設けているといった学校もあります。なるべく自分の家からでも行ける範囲の学校を探す必要がありますが、そういった回数によっても授業料は変わって来るため注意しましょう。


<学習スタイルと共に何故学校を選んだのかを明確に>

入学金が無料だという通信高校はとても多いのですが、家の近くでもそういった学校が多く、その中でも的を絞って行きたい学校を選択することもあります。そのように色々な学校の中から一つを選んだということは、その通信高校に何か惹かれた理由があるということになります。とりあえず資料をバラバラにして、目を閉じてはいコレ!といった決め方をしたという場合は、縁です。
そしてもし自分に合ったコースや雰囲気が良くて選んだといった場合には、その選んだ理由を大切に、しっかりと味わうように高校生活を送るようにしましょう。お金が一番安かったからという理由でも、金銭的に無理をせずに済むので心にも余裕のある学校生活を送ることが可能だということになります。自分がその学校で何を目的として学ぶのかについても重要ですが、最初に何故この学校を選んだのかという部分もとても重要なのです。その学校を選んだ理由の中には、自分の学べるスタイルや目的も入っています。雰囲気が良さそうに見えたのならスクーリングに行くという意思もありますし、お金について考えて選んだのであればお金を大切に管理しながら学ぶという意欲があります。
自分が通信高校に何を求めているのか、または自分はこの学校で何を得ることが出来るのかということを意識しつつ学校で学ぶようにしましょう。

通信高校の就職率

通信高校は、高等学校卒業程度認定試験を合格することは全く違い、高校卒業資格を得ることができます。
高等学校卒業程度認定資格であれば合格することで大学や国家試験の受験資格を得ることが出来ますので、目的あって受験する人が多いのが特徴となっています。
通信高校には卒業資格を得るとが一つの大きな目標となるため、その後の進路も在学中に決めなければなりません。通信高校を卒業したというデメリットは、進路においてなにかあるのでしょうか。


<通信高校の就職率>

通信高校就職率の全国平均は13,1%となっています。全日制が15.4%、定時制が27.1%ですから、そこまで低い数字ではありません。定時制はそもそも働きながら高校を卒業するというものですから、生徒は現時点で働いていたり、卒業後働くことをはじめから目標としている人が殆どで、そのため就職率も高くなっているのです。通信制は全日制と同様に、確固たる進路がはじめから決まっているわけではありません。卒業までに決めるという人も多いでしょう。卒業後進学希望者もいるわけですから、それを考慮すると全日制との間にそれほど大きな違いはないのです。それは社会が通信制を卒業した人たちを認めているということでもあり、通信制卒業は就職に不利とは言えません。

通信高校の必修科目と選択科目

通信高校では、授業で必要な単位が、必修単位と選択単位という2種類に分類されているそうです。大学などと同じような仕組みになっていて、必修単位というのが、卒業するために必須の落とすことができない単位、選択単位は、自分で選ぶ学習という形になっています。


通信高校の選択科目をチェック

通信高校にある選択科目では、芸術科目なども含まれています。もちろん英語や数学などにも選択科目で学習を行うものはありますが、通信高校は選択科目の工夫を行って、生徒が好きなことなどに打ち込んで単位を取れるようにしているといったケースも増加しているそうです。そのため、選択科目で、面白そうだな、と思う科目の多い学校を選ぶというのもポイントになるかもしれませんね。


進学する場合は、選択科目にも落とせないものがあるかも

特に理系や医療系に進む場合に多いのですが、学校によっては入学試験を受験する資格に、選択科目にある生物や化学、数学Ⅱなどを修得していることをあげている学校もあります。これは募集要項など、希望する進学先のことを調べればいいのですが、まだ志望校などもない場合だとしても、将来進みたい道が見えてきたら、担任の先生や進路相談を行っている先生に相談して、選択科目の履修申し込みを行いましょう。

学ぶ有難さを通信高校で実感

大学進学を夢に見て高校進学を胸に秘めていましたが、家庭の事情で家業引継ぎを余儀なくされ進学を断念しました。そんな状況にある時、通信高校の存在を知り情報を取ってみると、働きながら自分の都合のつく時間に学習ができ、所定の単位を取れば高校の資格が得られ、大学進学を目指したコースもある事が分かりました。自分のような境遇にあるものとっては、こんな有り難いことはありません。働きながらの勉強はかなり負担になると思う気持ちもありましたが、勉強したいと思う気持ちが勝り家業が慣れてきた時期を見て通信高校に入学しました。


<楽しく勉強ができます>

学習内容もそれほど無理な内容ではなく、夜間の空いた時間で十分消化できる学習レベルであり、学習が進むたびに楽しさが増し家業にも張り合いが持てるようになっています。月に2回程のスクリーングがありますが、これがまた楽しく同じ境遇の仲間たちとの交流は励みになり、先生の直接指導も効果的に利用させてもらっています。働くことの歓び、学ぶことの歓び、自分の境遇に感謝の気持ちさえ湧いてきます。通信高校の卒業は、74単位修得、スクリーニングおよび学校行事への参加に加え、3年以上の在籍が必要ですがこの調子で行けば、最短3年で卒業できそうです。

通信高校の課題は難しいですか?

通信高校では課題やレポートを出されて、それを自分で進めていきます。
その課題は難しいものなのでしょうか?
これは中学で習った問題などが出ているので、それほど難しくはないと思います。
ただ、勉強が苦手だという人やちゃんとわかっていない人にとっては厳しいかもしれないですね。
分からない問題が出てきたときは、公式などをネットで探してみるのが良いですよ。
ネット環境の無い人は、本屋や図書館で参考書を探して解くのがいいですね。


通信高校の課題はサポート校で

最近では、サポート校がありますからそちらで通信高校の課題をこなすのもいいですね。
分からない問題が出てきてしまってもすぐに質問することが出来るので、すぐ解決させることが出来ますので心強いです。
マンツーマンで教えてくれるところもありますから、効率よく進めることが可能です。
ただ、費用がかかってしまいますから余裕のある人やしっかり課題をこなしていきたいと考えている人におすすめします。


家族などに頼ってみよう

通信高校の課題で分からない問題が出てきたら、家族や友達に質問してみてはどうでしょう?
先生に質問するまで時間や日にちが空いてしまうので意欲がなくなってしまいます。
ですから、家族などに聞いて解決するのもおすすめ。
質問してみてそれでも分からないと言われてしまったら、先生に頼ってみましょう。
分からないまま放っておくのが一番良くないので、遅くなっても解決させるようにしましょう。

留年って通信高校でもありますか?

通信高校にも全日制高校と同じように留年はあるのか気になりませんか?
ですが、通信の方は留年がないんですよ。
何故なら、単位制を設けていますので留年しないようになっています。
4年間で卒業に必要な単位を取得すれば良いようになっていますから、自分のペースで進めることが出来るようになっているんですよ。
自己管理が出来ないと、単位の取得も難しくなってくるので気を付けるようにして下さいね。


通信高校を卒業できなかったら?

通信高校の卒業に必要な単位を取得できずに結果、留年に近い形になってしまったらどうすればいいのでしょうか?
そんな時は、足りない単位を取得すればいいだけなので安心して下さい。
最初からやり直すのではなくて、足りない単位分だけを選択して取得すれば良いので、留年とは違ったかたちになります。
その通信高校によって何年までそれが可能なのか違いますから、事前にご確認を。


働いている人も通えますよ

通信高校は働いている人も通うことが出来ます。
中には、中学を卒業してすぐに働き出した人や高校を中退してしまった人もいますよね?
でも今は卒業認定を取得したい!そう考えている人は通信高校に通う事ができます。
やっぱり高校卒業認定が欲しいと後から思う人もいますからね。
働きながら通うことが出来るので、負担も少なくて通いやすいと思います。
スクーリングがありますから、その日は都合をつけるようにして。

通信高校を卒業したいけれど・・・

通信高校に通うのはいいけれど、本当に卒業できるのかな?と思っている人も、もしかしたらいるのでは?
不安に思う気持ちはわかりますが、卒業することは出来ますよ。
その為には、きちんと卒業に必要な単位を取得しなければなりません。
ですから、出されている課題やレポートをしっかり提出する必要があります。
毎日コツコツ進めていき、スクーリングにもちゃんと出席するのが大事になってきます。


通信高校にもテストはありますか?

通信高校にもテストはありますよ。
そう言っても、難しい問題を出されることはないので安心して大丈夫ですよ。
今まで課題に出されてきた問題が出されますので、しっかり勉強をしていれば赤点をとってしまう事はないはず。
いい成績を保つのも卒業単位には大事なことですから、成績にも気を配るように。
赤点を避けるようにして、なるべく良い点数を取るようにした方がいいのかもしれません。


卒業したら進路はどうする?

通信高校を卒業したら進路はどうすれば良いのか。
それはあなた次第だと思いますが、多くの人達は大学へ進学しているみたいです。
大学へ通いたいと考えている人が最近では多いみたいで、進学を希望している人が増えているようです。
通信高校でも大学へ通えるの?と疑問に思った人もいるでしょうけれど、通う事が出来るので安心していいですよ。

通信高校にも行事はあります

全日制高校には体育祭とか文化祭、期末試験などといった行事があります。
しかし、通信高校にも同じようにそういった行事があるのを知っていましたか?
だから何か思い出を作りたいとか思っている人は、思い出を作ることが出来るので安心して大丈夫。
また、行事があればいいのにな、と思っていた人もこれは嬉しい事なのではないでしょうか?
ちなみに、行事が出席日数に含まれるところが多いので出席するようにして下さい。


通信高校の行事は一味違う?

全日制と違って通信高校の行事は一味違います。
何故なら、色々な年齢層の人が通っていますから、普通の行事とは異なります。
自分と同じ年の人達ではなく、色々な人達がいますので少し変わった行事になるのかもしれませんね。
でも、それはそれで新鮮ですし楽しいと思います。
色々な人達と一緒に行事が行えるなんてめったにないので、貴重な経験が出来るかも。


交流をはかってみよう

通信高校の行事を活かして、他の人達と交流をはかってみるのもいいですね。
せっかく一緒に過ごしているので、自分から積極的に話しかけてみてはどうでしょう?
行事の時は皆楽しんでいますから、そんなに警戒されることもないですし話しやすい環境ではないかと思います。
新しく友達が作れるチャンスですから、ぜひ積極的な行動を!

通信高校で何をしたい?

通信高校に通うようになったら、皆さんは何をしたいですか?
学習時間以外にも自由な時間が多くあるので、その分他のことにまわすことができるんです。
しっかり課題を進めているんだったら、後の時間は自分の好きなことに使えますよ。
趣味を楽しむのもいいですし、たまには映画鑑賞をしたり読書をしたり。
もちろん、友達と遊びに行くのも全然かまわないと思います。
時間を無駄にしないよう、色々なことに活用していくのがいいですね。


通信高校のクラブ活動

通信高校にはクラブ活動のあるところもあります。
そのクラブに参加をして毎日を充実させるのも良いと思いますよ。
好きなクラブに参加をして友達を作ってみたり、新しい発見をしてみたり自分で毎日を楽しく過ごせるように工夫するのも大事です。
体を動かすクラブに参加すれば、ストレス発散や気分転換になります。
気になった人は、ぜひ検討してみて下さいね。


休養はしっかりと

自宅で課題をこなすことが多い通信高校ですが、不規則に過ごすのは避けるようにしましょう。
夜遅くまで起きていて、翌日目を覚ましたらもうお昼だった・・・という事のないように!
規則正しい毎日を過ごすように心がけるのも大事なことの一つ。
あまりにも不規則に過ごしてしまうと、課題も進められなくなってしまいますよ。
体調が悪い時も無理はせず、治るまではゆっくり休むようにして下さい。
しっかり休んで次につなげていきましょう!